お役立ち不動産情報

小さな子供のいるファミリーの住まい探し

元気一杯で可愛い子供たち。のびのび育てたいですよね! ゆとりをもって子育てを楽しむには子供の目線にたった物件選びも大事なポイントですよ!

騒音トラブル

小さな子供がいる家庭で避けて通れないのが騒音のトラブルです。 まずは不動屋さんに子供がいることを伝え、ファミリー向けの物件を紹介してもらいましょう。子育て世帯が多く住む物件の方が「お互い様」という意識から、騒音などのトラブルが起きにくいと考えられます。 とはいえ子供の足音やおもちゃ、食器などの落下音、ドアの開閉音など、想像以上に音は周囲に響きます。リビングや子供部屋にはコルクやスポンジ製のプレイマット、防音カーペットを敷くなど防音グッズを活用し、対策をとりましょう。 特に早朝や夜間などの時間帯は音に敏感になるので、「子供の就寝時間を決める」「寝ない時はドライブに行く」「○時を過ぎたら騒がない」など子供と一緒にルールを決めると良いですね。 入居の際には「ご迷惑をおかけします」と子供も連れて挨拶に行きましょう。日頃から周囲とコミュニケーションをとることが大切です。

収納スペース

子供の成長にともない物が増えてくるので、収納スペースは多めにある方が良いでしょう。使わなくなったものは処分するか、人にあげたり、リサイクルショップやネットオークションを利用して、こまめに収納スペースの整理整頓を心がけましょう。

階数・駐車場

3階以上でエレベーターのない物件は子供が小さいうちは避けたほうが無難かもしれません。 買い物からの帰りなど、赤ちゃんを抱っこしたまま、荷物をかかえて階段を上らなければなりません。場合によっては往復しなければならないこともあるはずです。 また、敷地内に駐車場が確保できず、近隣の駐車場を借りる場合、物件との距離も考慮しましょう。 さらに1階にベビーカーを置くスペースがあると便利ですね。

通学路・交通

子供が小・中学生の場合、学校までの距離や道のりはどうでしょう。 交通量の多い道路や踏切、人通りの少ない道など、危険な箇所がないか実際に子供と一緒にチェックしてみると良いでしょう。 電車やバスを使う場合は、駅やバス停の場所、時刻表を調べておくことも大事です。

周辺施設

散歩がてらに現地周辺を歩いてみたり、インターネットなどを利用して周辺の施設を調べてみましょう。 公園や児童館、公民館など子供がよく遊ぶ場所はもちろん、総合病院や小児科、耳鼻科、皮膚科、歯科、さらに夜間急病診療所などの位置も把握しておくと、もしもの時に役立ちます。

ここにも注目!

子供の落下事故を防ぐ

階段、窓、ベランダなどからの落下事故対策をしましょう。 階段の上下に柵をつけたり、窓や網戸に開閉防止の金具をつけましょう。また、ベランダにはテーブル、イス、植木鉢、ラティスなど足場になるものを置かないようにしましょう。

情報収集をしよう

各市町村のホームページなどで地域の子育てに関する施設やサービス、イベント、育児サークルを調べて活用してみましょう。

共働き夫婦の場合

共働きの場合、仕事場や、預け先へのアクセスのしやすさを視野に入れた物件選びをオススメします。自宅と仕事場が近くても子供の預け先が遠いと不便です。 保育園や学童保育、幼稚園は、預かってくれる時間や延長保育は可能かなども確認しましょう。 必要であれば地域の病児・病後児保育施設の事前登録を行い、利用方法を確認しておきましょう。

お役立ち不動産情報一覧へ戻る
モッテケ新築マンションサイト公開 フローレンス岩国 アルファスマート下松瑞穂町 アーデントクレイル山口湯田参番館 アーデントクレイル山の田本町 サンライフ新下関駅前

モッテケ!会員サービス

モッテケ不動産サイト会員登録で住まい探しがもっと簡単に
  • マイページで気になる保存
    した物件を比較
  • 閲覧履歴や気になる保存
    した物件に
    まとめて
    お問い合わせ
  • 気になる保存した物件に
    自分用の
    メモができる
会員登録する