お役立ち不動産情報

お部屋探しマニュアル

お部屋探しには、それなりの時間、労力、情報を要します。初めてお部屋探しをするという人は難しくて、大変だと思うのではないでしょうか?でも、きちんと計画を立て、段取り良く進めれば心配することはありません。
お部屋探しの流れを簡単にまとめました。しっかりと予習して、お部屋探しをスタートしましょう!!

最初にやること

スケジュールと予算

入居するまでのスケジュールを立てましょう。入居時期は不動産会社で最初に聞かれることがあるので、いつまでに引越ししたいか期限を決めておきましょう。 目安として、お部屋を探すのに約1ヶ月、入居申し込みから引越しが終わるまでに約2週間から1ヶ月くらいをみておけば良いと思います。 旧居が賃貸住宅であったら、退去の際、不動産会社や貸主に解約告知をしなければいけません。退去する1ヶ月前までに告知を行うことが一般的ですが、中には2~3ヶ月前までに告知という場合もあります。 告知期限や連絡先については契約書を確認してください。退去の予告が遅れた場合、新居の家賃を支払いながら旧居の家賃も支払う「二重家賃」が発生し余計な出費になります。 予算については、「家賃は手取月収の3分の1が目安」だという話を聞くと思います。しかし家賃とは別に、管理費や駐車場代、月々の光熱費等の支払いを考慮に入れて、少しでも余裕のある計算をしましょう。

希望条件を決める

"こんな部屋に住みたい"や"あんな暮らしをしたい"といった希望条件があると思います。しかし、希望を全て満たす物件を見つけるのは容易ではありません。 そこで予算を含め、家族構成、所有物等を考えた上で、出来るだけ細かく希望条件をリストアップし、それらに必須なことから、妥協できることまでの範囲内で優先順位をつけ、条件を整理しましょう。 例えば、エリアに関しては、通勤・通学にムリのない範囲で選ぶのが基本です。しかし特定のエリアだけに限定してしまうと選択肢が狭まるので、幅を持たせた方が良いでしょう。

物件情報を集める

希望条件が決まったら、不動産情報誌やインターネットを活用して、希望条件に合う物件があるかどうか調べましょう。予算内で希望の物件が見つからなかったり、少ない場合は、相場に合っていない可能性があります。 実際に、希望エリアに足を運び不動産会社の店頭の物件情報を見て回るのも良いでしょう。出来るだけ多くの情報を集めましょう。

不動産会社を訪問

不動産会社に行く

希望条件に合う物件が見つかったら、それを扱っている不動産会社を訪ねてみましょう。仮に見つからなくても、希望に近い物件を扱う会社を2~3社ピックアップして訪ねてみるのもいいでしょう。 もし、どんな不動産会社を訪ねていいのかわからない時は、住みたいエリアの希望の間取りの物件を扱っている会社をあたってみましょう。 いずれのケースにしろ、効率良くお部屋探しをするために、事前にメールや電話で不動産会社に、空室状況を問い合わせてみたり、訪問の予約をすることを忘れずに。

下見をする

不動産会社を訪れ、対象物件の説明を受けた後は、可能なかぎり実際に足を運び、物件の下見をしましょう。立地条件や部屋の広さ、きれいさ等、資料だけではわからなかった情報を得ることが出来ます。 下見の時は、部屋の雰囲気だけではなく、室内の押入れや収納、窓の開閉はもちろんのこと、コンセントの数といったものまでもチェックしましょう。その際に、メジャー、メモ帳&ペン、デジカメなどがあると便利です。 さらに所有する家具や電気機器の「サイズリスト」も用意しておくと、部屋のレイアウトをイメージできると思います。そして近隣施設についてチェックしましょう。 役所・病院・学校・銀行・郵便局・公園、さらにはスーパーやコンビニ等も実際に足を運んで調べてみたり、さらには営業時間や診察時間、定休日も忘れずに把握しておきましょう。 災害時の避難ルートや場所も各地区によって指定されているはずなので、役所等に問い合わせてみるのも大切です。そして、不明な点があれば、遠慮なく不動産会社の担当者に質問をして、後悔のないようにしましょう。

入居申し込みから契約まで

入居申し込み

紹介してもらった物件に住もうと決めた時は、早めに不動産会社に連絡し、入居申し込みの手続きをしましょう。不動産会社所定の入居申込書に必要事項を記入して提出します。 記入事項は、自分の連絡先や勤務先、年収等に加え、連帯保証人のプロフィールを記入させるといったケースが大半です。また、申し込みの際に「申込金」が必要なこともあります。 申込金は物件入居希望者がその優先順位を確保するためや、購入の意志があることを証明するために支払うお金です。契約に至らなかった場合は返却されますし、契約が成立した場合には、後の契約時に必要になる費用の一部に充てることも可能です。 支払う際には契約成立まで一時的に預けることや、返金される日を明記した預かり証を発行してもらう等して、お互いしっかりと趣旨について確認しておきましょう。

入居審査

この後、不動産会社から入居申し込みを受け取った家主が、記入情報を基に入居審査を行います。入居希望者が家賃の支払能力、支払いが滞った時に代わりに支払う連帯保証人等を審査します。 早ければ2~3日後、遅くとも1週間以内には結果が出るのが普通です。仮にこの審査をパスしなければ、入居契約できません。

契約

審査にパスしたら、不動産会社に契約の手続きに行きます。まずは契約前に、宅地建物取引主任者の資格を持った人から、重要事項説明を受けることになっています。 説明書には、物件の所在地、構造、間取り、設備、家賃の支払い法等が記載されています。さらに、契約書に記載された条文を読み合わせます。 ここで注意したいのは、禁止事項や特約事項、そして契約解除と退去時の敷金の取り扱いで、入居後のトラブルにならないようにしっかり確認しましょう。 なおこのとき、聞き慣れない専門用語が出てくると思いますが、意味が分からない箇所があっても恥ずかしいことではないので、遠慮なく、しっかりと理解できるまで質問しましょう。 すべてに納得したら、契約書にサイン・押印して費用を支払い、契約締結となります。

お役立ち不動産情報一覧へ戻る
モッテケ新築マンションサイト公開 フローレンス岩国 アルファスマート下松瑞穂町 アーデントクレイル山口湯田参番館 アーデントクレイル山の田本町 サンライフ新下関駅前

モッテケ!会員サービス

モッテケ不動産サイト会員登録で住まい探しがもっと簡単に
  • マイページで気になる保存
    した物件を比較
  • 閲覧履歴や気になる保存
    した物件に
    まとめて
    お問い合わせ
  • 気になる保存した物件に
    自分用の
    メモができる
会員登録する